ライバルに学ぶ、秋の過ごし方 | 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2020年 9月 4日 ライバルに学ぶ、秋の過ごし方

どうも、担任助手のでございます。

残暑がいつまで続くのか不安ですが、

体調に気を付けながら頑張っていきたいものですね。

僕は夏に始めた中国語と漢検の勉強を

頑張ろうと思っています!

 

さて、今日はこの記事を読んでいるあなたに

紹介したい人物がいます!

 

その名は……

 

Yくんです!!

はい。ふざけてません。

というのも彼、夏休みメチャメチャ頑張った

受験生の1人なんです!

共通テストの過去問演習10年分に加え、

志望校である東大の二次試験の過去問も順調

という頑張り!!

そんなYくんが4つのQに答えてくれました!

夏休みが終わり焦っているアナタも、

受験生の生の声が気になる1,2年生のアナタも、

ぜひぜひ、参考にしちゃってください!

 

①共通テストの過去問演習はどんなペースで

進めましたか?

A.全科目(英数国理社)を1年ずつ、2日間で終えました。

どの科目も間違えたものを復習しました。

   

②過去問演習で気を付けたところはどこですか?

 

A.特に共通は時間が短いので、配分に注意しました。

ただ時間に囚われすぎず、丁寧に解くようにしました。

 

③過去問演習の良かったところは?

 

A.8月共通テスト模試の結果へと繋げられました。

(全科目合計が9割突破!!)

 

④ズバリ、9月の目標は!?

 

A.東大の過去問演習を7年分達成します。

共通テストも95%を目指します。

得点が伸びてくると点を「取る」よりも

「落とさない」ことが大事になってくるので、

ミスに気を付けたいです。

 

Yくん、ありがとうございました!

やはり、過去問を着実に進めることが、

受験が近づいてきた”今”本当にすべきことだと

改めて実感させられる回答でしたね。

 

詳しい過去問演習の進め方については、

校舎でも相談を受け付けています!

東進の1日体験で、ぜひお話を聞かせて下さい!!