修了判定テスト | 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2014年 8月 6日 修了判定テスト

こんにちは。小林です。

最近、ブログを書く機会が多いです。

ブログのネタを毎回考えるのも想像の外、大変ですね。

それにしても、みなさん、8月に入ってさらに頑張るようになりましたね。

毎日、ホワイトボードに1日前の修了判定テストの合格者を書き出し、生徒に公表しているのですが、日に日に全員の名前を書き出すのが大変になってきましたね。

まぁ、担任助手の僕らからすれば、嬉しい限りですがね。

日によっては、ホワイトボードの枠内におさめるのが大変な時さえあります。

みなさんの努力の証ですね。

話は若干ズレますが、みなさん、修判をやる意味をしっかり認識していますか?

あくまで、僕個人の意見ですが、少しその件に関して話したいですね。

みなさん、修判の問題難しいですよね。

しかし、修判は、テキスト内で教わったことしか出ません。

すなわち、その問題が解けないということは、授業で教わったことが自分のものになってないということです。

例えば、1つの例題をしっかり理解すれば、10の類題が解けるようになるということがよく言われます。

一言で言えば、修判はその問題自体から何かを得ようとするよりは、それを解く事で、復習の仕方や深度の指針を得て欲しいと思っています。

とにかく、何か単なる問題の解法以上のものを得てください。

そこには何か、勉強の質を根本から覆すものがあるはずです。