受講の復習法~低学年編~ | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 11月 27日 受講の復習法~低学年編~

こんにちは!

担任助手の内山です!

 

先日、楽しみにしていた学園祭、三田祭が終了しました。

この日のために練習していたので寂しいですが、

とても楽しかったです!

 

さて、今回は

高1、高2生の皆さんに向けて

受講の復習法について

話していきたいと思います。

 

復習は勉強のなかでもとても大切な時間です。

例え受講してその時は理解できたとしても、

忘れてしまっては意味がないからです。

エビングハウスの忘却曲線を知っていますか?

これによれば、人は一時間で覚えたことの約半分を忘れ、

一日後には約三割しか覚えていません。

   

私は確認テストは受講が終わってすぐ受けるようにしていたので、

ほとんど苦労せずにSS判定をとることができました。

しかし、修了判定テストは別です。

修判の場合、範囲は過去5回から10回分の受講を振り返る

包括的な内容で、付け焼刃の知識や理解ではどうにもなりません。

   

修判を乗り越えるため、

私は英語の受講の復習を

音読

で行っていました。

 

これは私が最初に受講した授業で

12/14に東久留米校で公開授業をしてくださる渡辺先生

おすすめしていた方法です。

 

音読?黙読じゃだめなの?という方もいると思いますが、

私は音読のほうが良いと思います。

 

音読の最大のメリットは、声に出すことで

耳からも目からも英語を吸収できることです。

声に出すことで、

どこが自分にとってわからないところなのかが

明確になります。

黙読では流しがちなところも、音読なら行き詰まり

単語の意味が分からないのか、それとも文構造がわからないのか

考えて解決でき、英語を英語のまま理解する練習にもなります。

10回も音読すれば、内容もだいたいわかるようになり、

いつの間にか文章ごと覚えていて英作文の練習になったりと

いいことばかりでした。

   

この方法は受講はもちろん、定期テストなどでも使うことができます。

ぜひ、やってみてくださいね!

 

↓渡辺先生の公開授業への申し込みはこちら↓

↓冬期特別招待講習への申し込みはこちら↓