東進での過ごし方 | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 10月 12日 東進での過ごし方

こんにちは!担任助手の長澤です。

   

最近はサークルでドラムを頑張っているのですが

練習していくにつれて

他の楽器がやりたくなってきています笑

特にギターとベースがかっこよすぎて

弾いてみたの動画を漁る日々です。

・・・ドラム練習しろよ。って感じです(^^)

       

さて今回は、私が高2の時

どのように東進で過ごしていたか書こうと思います!

   

高2の9月くらいまでは、部活や委員会、

行事などで忙しいこともありましたが、

土日だけは絶対に登校するようにし、

せっかく1日をフルで使えるので

1週間の復習と受講、高マスを一気に進めていました。

   

しかし高2の10月以降、

東進では「新高3」という位置づけになり

受験生という自覚が芽生え、

部活がない平日や土日だけでなく、

部活がある平日も登校して

沢山取った受講を1コマでも進めるようになりました。

   

その時期のスケジュールは、

 

7:30-8:20 登校

8:30-15:00 授業

15:45-18:00 部活

19:30-21:00 1コマ受講、復習、確認テスト@東進

21:00-22:00 学校の課題、高マス@東進

 

このような感じでした!

 

高校まで1時間くらいかかったので、

電車内では高マスをやったり

日本史の教科書を読んだりしていました。

 

高マスは「1800、熟語1ステージ、文法30個」

電車内で終わらせるのをルーティーンにしていました!

   

また、部活後は疲れますよね。

家に早く帰って休みたい気持ちはよく分かります。

ですがそこで粘り、登校して1コマでも受講しよう!

 

時間がかかる数学、2コマで1講だった日本史

部活がない日と土日に回し、

部活がある日は英語古文を受講していました。

 

自分は一旦居座ると逆に帰るのが

面倒くさくなる人間だったので、

座って1コマ受講しただけでは帰る気にならず、

大体21:30すぎまで残って

高マスをひたすらやっていました。

 

低学年の時期から閉館近くまで粘る生活をしていたので

受験生になって1日中勉強するような日でも、

閉館まで残るのが苦では無かったのだと思います。

     

余談。

 

最近昔の日記を見返したのですが、高2の10月に

「東進13日連続で行った!」という記述があり

あー頑張ってたんだなーとしみじみ思っています笑

       

繰り返しになりますが、

東進では10月が新学年への切替え時期です。

自分はもう一つ上の学年だ!という自覚をもって

勉強に励んでいきましょう!!