この夏で勝負を決めろ! | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 8月 4日 この夏で勝負を決めろ!

こんにちは、担任助手の林です!

とうとう”受験の天王山”8月が訪れましたね。

日本史で習った方もいるかもしれませんが、

これは1582年、織田信長を本能寺で討った明智光秀と、

信長の家臣であった羽柴秀吉が激突した「山崎の戦い」

にて、地形の有利を取って戦うためにカギとなった

天王山に由来しています。

受験においても、夏を制す者が本番を制します!

というのは、学校やご家庭で耳にタコができるほど

聞いている事でしょう。

聞いていることでしょうが、改めてお話しするので、

どうかページは閉じないで下さい!!

夏が重要なのは、「差をつけやすく、差をつけられやすい時期」

だからだと私は考えています。

いつもより時間を自由に使える分、

モチベーションの差が結果に顕著に表れます。

やる気がない、1日6時間勉強の人と、

頑張っているつもりではある、1日10時間勉強の人、

何が何でも勉強に打ち込む、1日15時間勉強の人。

1か月もあれば、数十時間の差が生じます。

(もちろん時間がすべてではありませんが)

10時間だけやって満足した気になっても、

実は1日5時間も差をつけられていたりするって、

想像したらぞっとしませんか?

受験生といえば、夏は1日15時間勉強!

まだ実行できていない方、

本番を決めるのは、今日これから15時間やるかどうかです。

ベストを尽くしましょう!