単元ジャンル別演習を最大限活用しよう! | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 10月 30日 単元ジャンル別演習を最大限活用しよう!

こんにちは!担任助手の長澤です。

 

最近は対面が増え、毎日大学に行っているので

食への出費が半端なく増えています。

大学には日替わりでキッチンカーが来たり

少し足を延ばせば新宿や渋谷に行けるので

ついお昼代がかさむかさむ、、、

これが大学生か。と実感するこの頃です

     

さて今回は、他の担任助手に引き続き

単元ジャンル別演習について話していきます!

   

単元ジャンル別演習には

自分の苦手な分野がずらーっと並んでいます。

苦手な分野って大体嫌いですよね

苦手×嫌い のダブルパンチで

私自身も苦しかった記憶があります(笑)

   

ですがずっと逃げていては

単ジャンの意味がありません!!!

 

私は古典、英語の文法、数学、日本史が

割と多かったのですが

日本史だけは好きな科目だったので、

「英語、数学の合間に日本史を挟む」

などと、好きな科目をご褒美のような感覚

組み合わせていました。

     

また答案提出型の問題で気を付けていたのは

返却されてすぐにはもう一回解かないことです。

 

返却されて自分のダメだった部分を把握し

その流れですぐにもう一度解いても

短期記憶に成り下がってしまいます。

 

復習して何日かは寝かせ、

その間は他の答案提出を進める、

それが返却されたタイミングくらいで

もう一度解くようにしていました。

 

数が多かったりレベルが下がったり

結構辛いのがこの単ジャンですが

最後の苦手克服期間だと思って

頑張りましょう!!!