新年度担任助手紹介 vol.6 | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 3月 27日 新年度担任助手紹介 vol.6

こんにちは!

この春から担任助手になりました、 長澤沙季 です。

本日は私の自己紹介をさせて頂きます!

   

高2の春に嵐のコンサート行った時の写真です^^

 

好きなものは挙げだすとキリがないので

簡潔に言うと、生粋のジャニーズオタクです。

最近はJr.に手を出しつつあります、、(汗)

他にもYoutubeや俳優など色々分かるので

是非話しかけて下さい(笑)

     

私は私立浦和明の星女子高校出身で、

春から

明治大学文学部 史学地理学科 日本史学専攻

に進学します!!

   

昔はGoogleのストリートビューを見ることが趣味という

何とも気味の悪い地理キッズでした。

 

そんな私が日本史に目覚めたのは、

広島県の原爆資料館を訪れたことや、

戦争映画を観たことがきっかけです。

また高校の日本史の先生にも影響を受け、

日本の戦争史についてもっと学びを深めたい!

と思い、この道を選びました。

 

大学には近現代の戦争史を専門とする

教師の方がいらっしゃるようなので、

高校までの日本史とは違い、

自分の興味のある時期について極められることが

今から楽しみです!

   

また小さい頃から鉄道も好きなので、

サークルは鉄道研究会に入ろうかなと思っています。

       

私は中高一貫で高校受験が無かったこともあり、

勉強面では完全に怠けきっていました。

しかし周りが大学受験を意識するのも早く、

流石に焦りを感じて高2の春に入塾しました。

   

入塾したはいいものの、当時の私は

塾に友達なんかいらない、作る気もない!

と家族に宣言していたほど、

周りにほとんど心を開かず、

受験を孤独のまま乗り越えようとしていました。

自分でしていたことですが結構辛かったです(笑)

 

しかし

高3になってとうとう

グループミーティングで友達ができ、

東進での生活がガラッと変わりました。

 

友達が頑張っている姿に刺激を受けることで

今日は休もうかな」「もう帰ろうかな」が無くなり、

毎日登校し、毎日閉館まで勉強することが

いつの間にか癖になっていました!

     

さらに受験生活を乗り越えられたのは、

模試の結果が上がれば一緒に喜び、

成績が伸びず苦しかった時には

親身になって話を聞いて下さった

校舎長や担任助手の方々のお陰も大きかったです。

     

受験は孤独の闘い

とか言われますが、

そんなこと無かったんだな、と思います。

困ったら是非周りに頼ってみて下さい。

   

私も自分の経験をもとに、

皆さんを支えられる担任助手を目指して

精進しますのでよろしくお願いします!!