有名大・難関大本番レベル模試と復習 | 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2018年 9月 23日 有名大・難関大本番レベル模試と復習

こんにちは!、担任助手の小宮です。

 

今日は東進では、有名大・難関大本番レベル模試があります。

 

この模試では自分の志望校レベルの模試を受けることにより本番で力が出せるようにする模試です。

 

有名大では主にMARCH・上位国公立レベル難関大では早慶・難関国公立レベ

沿った問題が出題されます。

このもし模試の大きな特徴が記述式の解答方式を採用してるということです。

東進では偶数月にセンター試験本番レベル模試を実施していますが、センター模試はマーク形式の解答方法をとっているため、分からない問題があっても解答することができます。

しかし、今日実施している模試ではそうは行きません。

自分が知っている知識を実際に紙に書くという作業が必要です。

ですので、自分の本当の実力が分かるわけです。

 

今回はそんな模試の復習方法を紹介したいと思います。

 

まずは、理系の人に向けてアドバイスしたいと思います。

数学と理科は模範解答と自分の解き方を照らし合わせて、自分に足りなかったポイントを押さえます。そうする事により今まで勉強していた中で自分の分からなかった範囲や解法をもう一度復習する必要があると確認できます。また、ノートを作成しで分からない問題などをメモって置くようにしましょう。なにが自分に足りないかが一目で分かるようになります。

 

次に文系の人向けです。

先にあげたように知識のアウトプット系の科目が多いので、「古典の文法や語彙、句形」「地歴の知識」など知識がしっかりと頭の中に入っているかを確認することが大事です。抜けていた知識があるならその日の内に復習するようにしましょう。

 

最後に復習は面倒でやる気になかなかなりません、ですが分からないことを残しておいているほうが面倒だと私は思います。

よって計画的な復習をオススメします。