過去問の使い方 | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 6月 29日 過去問の使い方

こんにちは!

担任助手の佐藤です!

今回は

過去問の使い方について

話していきたいと思います!

過去問は

受験において

ものすごく

大切なものです!

過去問を解く目的は

受ける大学の

受験の特徴や

問題傾向を探る

ことです。

過去問を通して、

受ける大学の問題に

慣れる、知ることで、

時間配分や、問題の解く順番などの

作戦を立てることができます。

これらのことが

過去問を解く理由です。

じゃあどうやって過去問を

使っていくかというと

共通テストの過去問であれば、

土曜日と日曜日に、

国公立二次の過去問であれば、

一日で受けきる

ことです。

理由はなるべく本番に

近いような状況、日程で

受ける必要があり、

これをすることで、

本番同様の時間配分や、

緊張感を自分で作る

ことができます。

このように

自分で工夫して、

なるべく本番に近い

ような状況をなるべく作ることが

過去問を使う上で

最も重要になってくる

と思います。

なので、過去問で

しっかりとした実力や対策法を

身に着けて、

受験に臨みましょう!