過去問演習を始めよう! | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 6月 26日 過去問演習を始めよう!

こんにちは!担任助手の長尾です。

現在、大学の授業はほぼzoomで受けているのですが、

授業が始まるのを待っていたときに

気持ちよく歌を歌っていたら

マイクがONになっていました。

約50人の学生に聞かれました。

恥ずかしすぎて、その日の授業は

何も頭に入ってこなかったです。

その前はカメラをONにしたまま

踊ってしまったので、

もう怖いものなしですね☆

 

皆さんもzoomをする際には気をつけてください。

さて今回は、流れに乗って

過去問演習について

書いていきたいと思います。

そもそも過去問演習っていつから始めればいいの?

と疑問に思っている方もいると思います。

結論から言いますと、

今です!!!

私は東進に入ったのが遅かったので

7月の中ごろから過去問を解き始めました。

受験生生活を振り返ってみて思うのは、

もっと早くから始めておけばよかった…!

ということです。

単純に時間が足りません。

過去問を解く意義については

前に他の人が書いていると思うので省略しますが、

受験生は共通テストの過去問を10年分

第一志望・第二志望の学校の過去問を10年分、

合わせて30年分はやらなければならないんです。

しかも、ただ解くだけではなくて

復習をする必要があります。

言ってしまえば復習が一番時間がかかります。

これらのことを受験で使う科目すべてで行うと考えると、

本当のんびりしている時間がないのです。

先ほど私は7月の中頃に過去問演習を始めたと言いましたが、

それでも後半の方で焦って

復習がおざなりになってしまったことがありました。

過去問演習において一番大切なことは、

問題を解いて形式に慣れることはもちろんなのですが、

復習して間違えたところを完璧に解けるようにする

ことだと思います。

余裕をもって過去問演習を終わらせるためには、

十分な時間が必要になってきます。

このブログを読んで下さった方は、

早速今日から過去問演習を始めて

志望校対策を完璧にしていきましょう!

過去の記事