校舎の様子 | 東進ハイスクール東久留米校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール東久留米校 校舎長 大塚 慶明

皆さん、こんにちは。東進ハイスクール東久留米校校舎長の大塚慶明です。東進ハイスクール東久留米校では、東進の教育理念である「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ために、生徒ひとりひとりの志望校合格に向けて指導を行っております。皆さんには前向きに全力で努力する生徒に成長してもらいたく、面談では夢・志を育む指導も行っております。また保護者様との三者面談・保護者面談を定期的に実施し、意見を取り入れさせて頂きながら指導に取り組んでおります。東進ハイスクール東久留米校は生徒同士が仲が良く、皆で支え合いながら切磋琢磨する校風が特徴です。ぜひ一緒に志望校合格に向けて頑張りましょう。スタッフ一同、全力で皆さんのサポートをしていきます。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

富澤 郁美 さん 東京大学 理科二類
学芸大付属国際高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール東久留米校 OG
富澤 郁美 さん 東京大学 理科二類
担任助手として一言
私は高3の4月までほとんど受験勉強をしていませんでした。高3になってからも、部活や体育祭、文化祭に全力で取り組み、受験勉強に使うことのできた時間はあまりありませんでした。しかしながら東進の映像授業を活用することで、多忙な生活と勉強の両立をすることができました。猛烈な努力をして第一志望に合格できた経験を活かして、生徒の皆さんをサポートできればいいなと思っています。よろしくお願いします。
坂本 泰雅 くん 中央大学 経済学部
東久留米総合高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール東久留米校 OB
坂本 泰雅 くん 中央大学 経済学部
担任助手として一言
私は文武両道を成し遂げるために東進ハイスクール東久留米校に高2の1月に入学しました。そして高3になってサッカー部の主将になり、より厳しい環境の下で受験勉強をしていました。周りの受験生より時間が無いことを自覚して、休み時間や授業と部活の間などのすきま時間を大切にしていました。サッカー部を引退したのは高3の11月だったのですが日々の努力の積み重ねにより受験を乗り越えることができました。自分の経験を活かして全力でサポートします。共に頑張りましょう!
岩木 勇也 くん 青山学院大学 人間科学部
清瀬高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール東久留米校 OB
岩木 勇也 くん 青山学院大学 人間科学部
担任助手として一言
東進に入る前は、特に具体的な志も持たず漠然と勉強していましたが、東進に入学して受験に対する考え方が大きく変わりました。東進は勉強だけでなく人として大きく成長出来る環境が揃っています。皆さんもぜひ東進で充実した時間を過ごしましょう!

→もっと見る

井口 裕一朗 くん 慶應義塾大学 経済学部
西武台高校 卒 東進ハイスクール東久留米校 OB
井口 裕一朗 くん 慶應義塾大学 経済学部
担任助手として一言
難関大学合格を目標に高校入学と同時期に東進に入りました。東進で勉強するなかで良かったことも悪かったこともたくさん経験しました。担任助手ではその経験を生かしてみなさんの合格のサポートをしていきます。
林 和佳奈 さん 東京農工大学 工学部
吉祥女子高校 卒 弓道部 東進ハイスクール東久留米校 OG
林 和佳奈 さん 東京農工大学 工学部
担任助手として一言
私は大学受験で、初めて”物事に本気で取り組む”ということをしました。そして、物事に本気で取り組むことの気持ちよさと、努力が報われたときの大きな喜びを感じました。受験勉強を通じて人は大きく成長します。皆さんが受験に本気で取り組み、大きく成長するのを最後まで全力でサポートしていきたいと思います。目標に向かって一緒にがんばっていきましょう。
辻 遥香 さん 立教大学 経営学部
千早高校 卒 東進ハイスクール東久留米校 OG
辻 遥香 さん 立教大学 経営学部
担任助手として一言
私は通っていた高校が商業系学科であったため、大学受験への不安から入学することを決めました。受験勉強をする中で成績が伸びず、つらい時期もありました。しかし、同じ悩みを持つ仲間やどんなことでも相談し、頼ることのできる担任助手の存在に支えられました。東久留米校では校舎長をはじめ、担任助手全員で皆さんをサポートする体制が整っています。一緒に第一志望の合格を勝ち取りましょう!
草野 尋貴 くん 法政大学 理工学部
清瀬高校 卒 野球部 東進ハイスクール東久留米校 OB
草野 尋貴 くん 法政大学 理工学部
担任助手として一言
僕は高校3年になる頃に東進ハイスクール東久留米校に入学しました。僕は部活生で部活との両立がうまく出来ていませんでしたが、東進のおかげで自分にあった勉強法を見つけることが出来ました。また、模試などの成績を参考に担任助手と相談して、自分の状況を把握し何が必要かを明確にしながら、最後まで自分のペースで進めることができました。辛いことや苦しいことはあるとは思いますが一緒に頑張りましょう!
小宮 大輝 くん 東京理科大学 理工学部
小金井北高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール東久留米校 OB
小宮 大輝 くん 東京理科大学 理工学部
担任助手として一言
皆さんは大学合格を人生のゴールにしていませんか?それは間違いです。一番大事なことは合格した後に自分の夢に向かって頑張れるかどうかであり大学合格は通過点にすぎません。そのためには自分が将来何をしたいかを見つけることが大きなエネルギーになります。大学受験を通して将来の目標や夢を考え、それを実現できる大学に合格しませんか?僕はみなさんと一緒に夢や志望校を考え全力で応援していきます!
神藤 優太 くん 明治薬科大学 薬学部
清瀬高校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクール東久留米校 OB
神藤 優太 くん 明治薬科大学 薬学部
担任助手として一言
私は高校生活で部活・行事・勉強全てを全力で取り組みました。部活、行事をやりぬいた結果勉強も最後まで取り組めたので、”何事も最後まで続けたこと”が大切だと思いました。東進は自分の最大限の力を引き出してくれる場所なので、高校生活成功させたいと考えている方は私と一緒に東進でがんばりましょう!!全力でサポートします!
山本 華歩 さん 獨協大学 外国語学部
飛鳥未来高校 卒 東進ハイスクール東久留米校 OG
山本 華歩 さん 獨協大学 外国語学部
担任助手として一言
私の通っていた高校は、授業で一切受験勉強をしない高校だったので、一から東進で勉強しました。もちろん東進の力が大きかったのですが、結局最後は自分の力だと思います。高校のレベルだったり、生まれつきの頭の良さは全く関係ありません。受験本番までどれだけ自分と向き合い頑張れるかです。最後まで全力でサポートしますので、一緒に頑張りましょう!
薄井 美優香 さん 明治大学 法学部
浦和明の星女子高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール東久留米校 OG
薄井 美優香 さん 明治大学 法学部
担任助手として一言
勉強をしていてやる気が出ないとき、辛い時、はかどらない時、色々あると思います。そのような時に自分の体験をもとに良かったことや失敗してしまったことなどをたくさん話しながら皆さんの支えになれたらと思います。楽しいことや辛いことを共有しながら一緒に頑張っていきましょう!
神山 拓智 くん 東京理科大学 理学部
小金井北高校 卒 陸上部 東進ハイスクール東久留米校 OB
神山 拓智 くん 東京理科大学 理学部
担任助手として一言
高校2年生の2月に入学しました。毎日受講と復習を繰り返していました。多い時は1週間に15コマ受講しました。そのおかげで夏休み前には通期講座の受講が全て終わり、センター試験の過去問演習や私大の過去問演習をたくさんやることができました。皆さんにも計画的に勉強を進めて欲しいです。一緒に頑張りましょう!
北嶋 完基 くん 東京農工大学 工学部
小金井北高校 卒 テニス部 東進ハイスクール東久留米校 OB
北嶋 完基 さん 東京農工大学 工学部
担任助手として一言
高校2年生の1月に入学し、受験本番まで誰にも負けないくらい勉強してきました。第一志望合格への執着心やライバルの存在、手を抜いたことで後悔したくないという想い、合格への強い動機が常にありました。やる気と行動力があれば結果は必ずついてきます。自分を信じて、第一志望合格を一緒に掴み取りましょう!
廣田 華帆 さん 明治大学 国際日本学部
拓殖大学第一高校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール東久留米校 OG
廣田 華帆 さん 明治大学 国際日本学部
担任助手として一言
高校3年の5月に入学したため、周りに比べて遅れをとっていました。部活動が夏休みの終わり頃まであったにも関わらず、逆転合格できたのは最後まで「自分は自分」という気持ちを貫いたからだと思います。周りがどんなに先に進んでいても、いま自分に必要なことを見極めながら勉強していくことで、最後まで自分のペースで頑張ることができました。受験は自らを大きく成長させるとてもいい機会です。嬉しいことや辛いことがたくさんあると思います。その1つ1つを共有して支え合って頑張っていきましょう。

校舎イベント紹介

塾内合宿

塾内合宿

「塾内合宿」は、長時間勉強する姿勢を身につけること、勉強に対するモチベーションを高めることを目標として行っているイベントです。単語や熟語を覚えたり、グループワークで夢や目標を語り合ったりします。ずっと勉強なんて出来るかな?と不安に思う生徒でも、周りの仲間が頑張っている姿を見ることで、最後まで集中してやり抜くことが出来ます。合宿後には「自分もやれば出来る!」「やりきることが大切だ!」と、勉強に取り組む姿勢が大きく変わる生徒が多く、成績が大幅に上がることも稀ではありません。限界を超えることで、自分の可能性を広げてみてください。
ホームルーム

ホームルーム

東久留米校に通う生徒を集めて毎週実施しているのが「ホームルーム」です。現状や、今やらなければならないことを確認し、学習する意欲を高めることを目的としています。ホームルームでは、その週に頑張って勉強をした生徒の表彰や、担任助手による大学紹介、イベントの紹介などを行なっています。また東久留米校が全東進ハイスクールの中で、どれだけ頑張っているのか、順位を発表しています。ホームルームを行うことで、東久留米校の生徒の多くは今やらなければならないことをしっかり認識し、やる気を持って勉強することができています。
特別公開授業

特別公開授業

東進ハイスクールでは通常はt-PODでの授業となりますが、年3回ほど講師の先生が校舎に来て、直接授業をしてくれます。普段画面を通して見ている講師の先生が、直接きて授業をしてもらえるとあって、毎回生徒達は大興奮です。授業の他に最新の入試情報や先生方の体験談なども聞け、とてもためになります。東進に通っていない生徒でも参加できますので、勉強をスタートするきっかけとして、気軽に参加してください。 ※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。