受験校決定のポイント! | 東進ハイスクール 東久留米校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール東久留米校|東京都

ブログ

2021年 12月 18日 受験校決定のポイント!

 

こんにちは!担任助手の長尾です。

今年はみかんが甘い年だそうです。

大好物がみかんの私にとっては

ものすごくいい年になりそうです!

 

さて今回は、受験校の決め方について

私の経験上よかったと思うこと

書いていきたいと思います。

 

私が一番よかったなと思うことは、

受験する大学を絞ったことです。

私自身が受験した大学の数は多い方ではなく、

一般受験で6校、センター利用で5校受験しました。

(私が受験する年まではセンター試験でした!)

受験生は平均的8校は受験するといわれていたので、

それと比べれば少ないですね。

 

受験校を絞ることの利点としては

過去問対策に時間を取られすぎないことと

気持ちが引き締まることがあります。

一般受験では大学ごとに

問題内容はもちろん形式も変わります。

自分の実力的に合格できるだろうという大学でも、

最低でも3年分

過去問対策を行っておく必要があります。

ある程度受験校を絞っておくことで

過去問に充てるはずの時間を

他の勉強に回すことができました。

また、ほかの人よりも受験校が少ないという意識が

絶対に本番で高得点を取る

という気持ちに変わり、

毎回真剣に問題と向き合うことができました。

 

さらに、受験料もお安くなることがあります。笑

通常1校受験するのに35,000円ほどかかる大学が多いですが、

1校を何度も受験する方法で出願すると

大学によっては割引をおこなっているところがあります。

ぜひ確認してみてください!

 

ただ、受験校が少ないといっても

受験回数を減らしたわけではありません。

1校に対する試験回数を増やし

合格のチャンスを増やしていました。

具体的に言うと、

1校のセンター利用、全学部入試、個別学部入試

をそれぞれ受けた形です。

 

私は、手あたり次第いろいろな大学を受けるよりも

1校の合格可能性を上げる方法を取りました。

みなさんも自分が良いと思う形を選んでみてください!

いよいよ受験が近づいてきましたね。

直前になって焦らないように

今のうちから受験校を決定していきましょう!

ぜひ今回の話を参考にしてみてください!

 

↓冬期特別招待講習のお申込みはこちら↓